スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだ、夢の中


 


ライを知っている全てのみなさまへ。



ご報告があります。


 



 


まず。
前記事のコメレスもきちんとしていないのに、新記事をUPしたことをお許し下さい。
個別のコメレス、もう少々お時間をいただければありがたいです。


そしてまったく突然の話で申し訳ないのですが。


10月16日、22時10分。
ライは逝きました。


家族になって11ヶ月、来月で1年を迎えるはずでした・・・。


 


先週あたりから少々具合の良くない日が続いていて。
翌朝病院に行こうとしていた矢先でした。


キャリアだったエイズ発症のせいだと思っていたのですが
腎機能の急低下が原因。


もっと早く対処ができていれば。
悔やんでも悔やみきれません・・・。


苦しそうな様子は感じられす、みんなに見守られながら逝けたのが救いでした。


 


まだ。


身体が、あたたかくて。


肉球も、やわらかくて。


日曜に拭いてあげた毛もフサフサで。


動かないその顔は、とてもとても穏やかで。



これでどうしてライが死んだなんて信じることができるんでしょう?


 


翌朝にその身体をねこの庭に還しても。


まだまだ信じられません・・・。


 



お葬式って。


その死を受け入れるためにするんですね。


今ならその意味がわかるような気がします。




ライのことを可愛がってくれたみなさま。


本当に本当にありがとうございました。


お悔やみメールもやさしい言葉もありがとうございました。


ライもとても喜んでいます。




そして、ライ。


家族になってくれてありがとう。


がんばったね。


ずっと、ずっとがんばってたね。


もう、苦しくないね。


ゆっくり休んでね。


ありがとう、ありがとう。


 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。