スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Dead Dog Art?


記事1


共に生きるいのちを愛する方々へ。

知ってください。
協力してください。

me-coからのお願いです。



バタバタの緊急更新になってしまって申し訳ないのですが・・・。

みなさんは南米コスタリカで起きた現実をご存知ですか?

me-coは仲良くさせていただいている
GMのお気楽留守番日記」 管理人がるまあさんの記事、
そして大切な友人の「声」で知ることができました。


記事2



「芸術・アート」
そんな名称を盾にして
犬を繋いだまま放置、餓死していくまでを見世物に・・・。


こんなことが現実だなんて。

まったく信じられない気持ちでいっぱいです。



me-coも写真をやるので
「もうちょっとこうしてくれたら・・・」と思うこと、あります。

いい写真にしたくて
服を着てもらったり、被りものに挑戦してもらったりもします。


それでも。
いのちを引き換えには絶対にしません。


対象を苦しめてまで求めるもの。
それがアートだというならくそくらえ!って思う(表現が汚くてすみません・・・)


記事3


現在「ARK(アニマルレフュージ関西)」では
次回開催される「Bienal Centroamericana Honduras 2008」という展示会に
展示させないための署名活動をしています。

今回は簡単作業のオンライン署名!

まず、ARKさんのサイトへとび「日本語」を選択してください。
次に「ARKニュース&イベント」のページから
<「犬餓死アート」阻止 署名にご協力を!!>部分の「detail」をクリック。
詳細と署名ページへのリンク、署名の仕方がわかりやすく書かれています。

署名ページ自体は英語でなんのこっちゃ!なのですが
ローマ字で自分の名前・メールアドレス・国・町を記入すればOK!

その後、メールがきます。
ま、やっぱり英語でなんのこっちゃ(笑)なので
「ああ、署名できたわ~」という確認代わりにさせてもらいました(←使用法合ってるか?



「アート」ということばを侮辱し、平然と動物虐待を行う。
こんなことが許されていいわけがありません。


がるまあさんはme-coへのコメ返しの中でこう言っていました。
「これが本当ならば自分の身をもって表現するべきだ」と。

まさしくその通りだと思います。

ARKさんのサイトから
外国での記事リンクへとぶことができます。

そこにはやせ細り、諦めた瞳をした犬の写真・・・。

記事の中でこんな言葉がありました。

「I DIED IN THE NAME OF "ART"
PLEASE GIVE ME A VOICE!!!!
SIGN THE PETTTIONCRUELTY TO ANIMALS IS NOT ART」


みなさんの声を、聞かせて欲しい。

署名にぜひご協力をお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。